DodgeCityPitbull “野生の証明”

DodgeCityPitbull “野生の証明”
第6弾
国の特別天然記念物
オオサンショウウオ

img_20161102_0001_new

(京都新聞より転載)

このオオ“親方”は、たまたま川より田ん圃の細く浅い水路に迷いこみ、
その重い体でバタバタやっているところを善意の方に保護され、
住み慣れた元の川へ戻されて一件落着となった。
この1.4m、体重20Kオーバーの“親方”は、おそらく80歳くらいと思われる
年金生活者である。世界最大の両生類でありナント、ナント
2300万年前からその姿は変化せずにそのままと云われている。
その貴重なるものが京都の田舎あたりでは食料となり『山椒魚』料理として
専門の店もあったと聞く。  事実あった。
唐揚げにすれば大変美味で、黄鶏(カシワ)をしのぐと云われている。
グルメを自認するご仁がカシワとハンザキ(山椒魚の別名)の
唐揚げを出されて“どちらがウマイ”!と聞かれた時に迷う事なく
指し示したのは“ハンザキ”であったと云う。これは本当の話である。
年長者に敬意あらわし、その悠久の2300万年を考える時、
喰うと云う考えに、筆者は心震える思いがする。


最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です