わたしたちのお母さん

“Linda”リンダとその子供たちの遠い日の思い出

お母さんは、じぶんの子供の事が解らなくなりつつあります。
悲しくて、さびしいですが現実なのです。老いが静かに忍び寄り
母の記憶を遠くへ連れ去ったのでしょう。

長女 インディアンサマー CNウラン
父 ウイリー(コネチカット州)USA

img_20161110_0001

“カアサン ワタシノコト ワカル?”

でも食べる事は忘れていません。健康な時と同じ量か、
それ以上を平らげます。
太陽の下で時間を気にする事なくいつまでも、いつまでも
寝るのが今の生活のすべてなのです。

長男 タイガー
父 修斗クン

img_20161110_0002

“マダネルノ?”

タイガー

img_20161110_0003

“アッ! オキタ”

“Linda”は、その生涯に4頭の夫と、5度の結婚をして、4度の帝王切開し、
計17頭を出産しました。アメリカでうまれて4ヵ月の時に
日本へ来て(姉妹)のヨーダと2頭で。
成犬となって日本にムコさんが見つからずアメリカのコネチカット州へ飛び
全米ランキング2位のピットブル“ウイリー”と交配して日本へ戻り
3頭を出産する。その中の♂ルイ・ビトーと♀インディアンサマー(ウラン)
が現在のドッヂシティピットブルの基礎犬となりました。
元をたどれば、リンダ1頭から脈々と
その血統を受け継いで今に至ったのです。

二女 イヴサンローラン
父 修斗クン(リピート)

img_20161110_0004

“ナニヲ イッテモ キイテモ イビキバッカ”
ワタシモクタビレタワ

(舞子)
マイコ (京都生れ)
父 タッズ
母 スー

img_20161110_0005

“ワタシハ タニンドスエ”

京の一乗寺で生まれて、埼玉へ来て元気な頃のオカーハンに
面倒をみてもらいました。長男のタイガーハンと所帯をもって、もうすぐ
孫が生まれます。オカーハンに喜んでもらえんのが寂しオス。

(舞子)
出産2日前

img_20161110_0006

“コノオナカニ12トウノマゴガ”
(グラントの母)

いずれの犬も、今はこの世に居りません。なつかしい思い出です。

img_20161110_0007

元気な頃のリンダと孫たち。手前から2頭目は“グラント”

img_20161110_0008

成犬となったグラントのひる寝
今も元気にしているか?


最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です