猫ブーム

今、わが国は猫ブームであると云う。
猫の種類は、アメリカ、イギリスにつづいて3番目くらいに多いと思う。
犬とはまた違った良さがあるのだろう。
img_20161123_0002
ノールウェジアン フォレストキャット

img_20161123_0004
M.ブルテリアの子犬と仲良くひるね

img_20161123_0003
ピットブルなんか気にしない

昭和のおわり頃は、まだこんな猫は少なかった。
両方ともアメリカから子猫で日本へ来た。
交配相手がなくて生涯を独身でとおした。
img_20161123_0005
当時最小の猫種
シンガプーラ

img_20161123_0006

img_20161123_0007
仲良し

img_20161123_0008
チンチラとM.ブルテリア

img_20161123_0009
ノールウェジアン

img_20161123_0010
M.ブルテリア 2胎児

img_20161123_0011

質のあまり芳(かんば)しくなかったM.ブルテリアも
AKC(アメリカンケンネルクラブ)に於いて
公認犬種となり、研究熱心なアメリカの繁殖者によって、
イギリスからの新しい血統が導入され
本犬種の改良が一段とスピードアップした。
筆者もアメリカより牡、牝の輸入し、交配に牝をアメリカへ送り返し
理解と包容力のあるアメリカ人の協力により、
このクラスの子犬を出せるようになった。
特殊な犬種だけに、まず“かわいい”と思われないと失敗であった。
現在はA.ピットブル一筋なのでM.ブルテリアのレベルは不明。
この写真の頃よりもレベルアップしている事を願ってやまない。

img_20161123_0012
アッ!オチタ  まだネムッてます

Am.CH(牡)
img_20161123_0014

フェニックス.アリゾナ州。この種牡のお蔭で良い子が出来るようになった。
特に目の形と位置、タマゴ型の頭部、長すぎない耳。大感謝ありがとう。

img_20161123_0013

当時の輸入犬(USA)
img_20161127_0001
♂チェサピーク ベイ リトリーバー(水の王者)  ラブラドールリトリーバー♀

img_20161127_0002
良タイプの牝ブラック

img_20161127_0003
M.ブルテリアと仲良くあそぶピットブル
姉妹でやって来たピットブル第一号のリンダとヨーダ(USA)

img_20161127_0004
オイーッ!ブルテリアのチビども

img_20161127_0005
ワタシガ リンダです


最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です