この人は現在


この人は現在(いま)

31年前、1998.6.27アメリカに於いて一大イベントが開催された。
それは、プロボクシング へヴィー級のタイトルマッチである。
統一世界戦であり、その注目度はまさに桁外れで
片やマイケル・スピンクスVSマイク・タイソン、
地球上における最強決定戦である。
この試合の始まるまえに、リング上でセレモニーがあり一人の男前が
リングアナによって紹介された。ベストセラー『アメリカを変える男』の
著者であり、このタイトルマッチの会場のオーナーでもある
若き日の、現アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ氏であった。
この大会場、トランプ・プラザ(カジノ&リゾートホテル)の
超満員の観客に手を挙げて挨拶をして、直後に両手の親指を下に向けて、
今日の主役は、オレじゃない。と静かにさせる心遣いを見せた。
40代そこそこでアメリカ有数の資産家。現在の超得保護主義で
国益優先の“怒れるイーグル”の面影はまだ現れていない。
メキシコの国境に、コンクリートの壁を作り、密入国を防止しようとするのも
この31年前のシーンを見て、好感を持ったが決して信奉者ではない。
それにしても、まさにアメリカンドリームの体現者“ドテライ男”
である事に異存はない。タイトルマッチは1R91秒でタイソンのKO勝ち、
あっけないものだったがスピンクスのファイトマネーは💲1.300万ドル。
わずか91秒である。


JFK(ジョン・F・ケネディ)暗殺より55年、半世紀を超えた。
それ以降9代の大統領、そしてトランプさんで10代目になる。
9人の大統領は
ジョンソン 36代
ニクソン
フォード
カーター
レーガン
ブッシュ
クリントン
ブッシュJr
オバマ

それぞれの時代に必ず要望され、努力はしても誰も結果を出せなかった
問題は銃規制。多くの将来ある若者が死んでいる。その数は、
日本の交通事故死の比ではない。10倍以上になるのではないだろうか。
強力なNRA(全米ライフル協会)の反発は当たり前。
しかし、NRAメンバーの家族、兄弟、当人が事故に遭えば、
それでも規制に反対するのだろうか?かつては当方もメンバーだった。
それで思うのは、ハンドガン(ピストル)は必要ない。
大口径ライフルの所持を20代からとし、教習を受けての許可制にする。
ショットガン、ライフル併せて10丁までの所持の制限。
これをトランプさんが実行すれば半世紀後の2070年になって、
子を持つ親は、トランプ大統領は偉大な大統領であったと評価し、
語り継ぐだろう。
核の問題よりも、アメリカにとっては、より重要課題であろう。
日本では、ライフル銃による殺人はゼロ。
むしろ警察官のピストル自殺の方が問題だろう。


最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284

5月5日は子供の日

子犬は生後43日となった。
体重は3500g~4700g 健康である。


♂ RED TYCOON
(ショーグン)
小さい頃は“ソックス”と顔のホワイトマーキングがそっくりで、
朝から晩まで何度も確認して、それでも間違った。
現在は牡5頭の中で一番軽い。


♂ KOENJI DANJYURO
(ダンジューロウ)
東京の大動脈である環七の高円寺陸橋に近い横断歩道で、渡りながら
“見得をきる”ピットブルを見掛けたら、それが“團十郎”。


♂ LEE VAN CLEEF
(リーヴァン)
アメリカ映画の西部劇が、華やかな頃、ヒーローも悪役を演じる
事のできる個性派ガンマン役者、それがリー・ヴァン・クリーフだった。


♂ ANAHEIM EXPRESS
(ショーヘイ)
ご存じ二刀流、メジャーリーガーとしてその歴史に名を残し、
実績を残してほしい。こちらショーヘイ君も跳びかかるスピード
“100マイル” 7頭兄弟の中で一番大きく、骨太で、
どうした事か母乳は飲まず哺乳瓶で育つ、ミルクマン


♂ WHITE SOCKS
(ソックス)
ひかえめで、いつも洗ったばかりの白いソックスを四ツ足に目立たぬように
食事をして、それでも体重はダンジューロウと同じで大きく、フシギな子。


♀ MINI SUPRE
(ミニィ)
7頭中もっとも小さい娘。しかしやる事はスバシッコクて食欲は抜群。
大きなショーヘイ君やダンジューロウ君をヒイヒイ言わせている。
まさにスーパー娘であるが、この“ミニィ”も母乳でなく人工ミルクで育った。


♀ KAERAZARU KAWA
(ケイ)
ロッキー山脈の山あいを流れる激流、そこを舞台にした西部劇の傑作
“River of No Return”酒場歌手“Kei”をマリリンモンローが演じる。
この子犬の“ケイ”は額のまん中を白く激流が流れ、両側の赤は
ロッキーの急峻な山脈である。かつて旅した時、ここが“帰らざる河”の
撮影現場であると立札があり、現在も西岸にワイヤーを張ってイカダのような
渡し舟に大型の4WDを乗せて、ワイヤーの巻取りで往復していた。
強力エンジンや電気に頼らず、昔のままなのが何ともうれしい。
今はネイティブアメリカン(インディアン)の脅威もなく
自転車の少年も次の便で自宅へ帰ると云う。
60年以上昔、ここでロケがあったのかと思いを馳せる。悠久の河に。

初登頂オメデトウ‼

“ホワイトソックス”
3日前からトライして、前腕の腕力がもう一ツ不足で、
スベリ落ちていた。本日の早朝に努力の甲斐あって、ついに高さ500m/mの
壁を超えた。真似る兄弟はまだ居ない。ゾロゾロ出て来られるとそれも困る。


最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284