MIMIよ サラバ


大きく丈夫に育った兄弟たちは、明日(耳)の手術をする。


傷が一段落する迄は、このような自由な生活はできない。
彼らに思い出と云うものはあるのだろうか?


生後22~24日目頃より毎日お世話になったソンブレロ(食器)
それも今回でおしまいになる。思えば大きくなったものだ。


ケイは吠えた。
オマエはいつも高いところでイイナ。


リーヴァンが叫んだ。
オレが相手になってヤルゾ!


その売り言葉にヤグラの上のコヂャックは、
ヤレルものならヤッテミロ!
待ってましたとリーヴァンがガッチリと
コヂャックも負けずに五分五分。


すると右ドナリのタイクンが
オレも居るヨッ!と挑戦。
それを見て女の子のミニィは逃げ出した。


耳とお別れする前に兄弟と最後の記念撮影。
そのホスト役のコヂャックは、
ヤグラの上でグッスリとご睡眠中。


さっきのケンカは水に流して、お互い紳士的にネ。
と、リーヴァン。


どうせオレの方がイイ男に決まってるサッ!
とコヂャックが胸を張る。


普段はヤンチャで暴れ者。酒場の歌姫“ケイ”も
この日は女らしくおしとやかに。


兄弟中で一番サイズの小さい“ミニィ”は女の子らしくおしとやかに。


一番大きく、タフなアナハイム エキスプレス “ショーヘイ”くんと。


見分けるのに毎日のように苦労した
“タイクン”とコヂャック


大きさに差がありながら、体力、気力は5対5


実際にこれくらいミニィはカワイイ


こちらは一足おさきに手術を終えた“高円寺 團十郎”クンがナントッ!
乳母車に乗って初里帰り。


そしてコヂャックに耳打ちをした。
“カクゴシトケヨ イテーゾ”
それを聞いて不安顔のコヂャックでありました。


最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284