勇敢なアメリカ女性とトラブル君

いまから104年前、1914.6.24(大正3年)アメリカの女性
デラ・クルーは飼い犬の“トラブル”を連れてハーレーダビッドソンの
サイドカーで、テキサスからニューヨーク迄5.378マイル(約8.608Km)の
旅を半年間かけて達成した。女性がまだバイクでの1人で全米大陸の横断は
“冒険”だと思われていた時代である。
良く観てもらいたいのは、この船の方に乗っている“トラブル君”である。
初期のアメリカンピットブルテリアの若犬では、と思うのは筆者だけか。
その頃のこの犬種は、小さいサイズ(今と比べて)だったと思う。

この旅の途中では、カンザス州ドッジシティでのレースやセントルイスの
アメリカンモーターサイクリスト連盟の大会にも参加した。
シカゴでは、ハーレーのディーラー第1号店を訪問。ミルウォーキーの
ハーレー本社にも立ち寄った。ニューヨークに到着した頃にはすでに12月になっていたが、その寒さにも関わらず彼女と“トラブル”はいたって健康にこの長旅を終える事が出来た。『スバラシイ旅だったわ。ワタシはすこぶる元気。そして前よりも、もっとライディングが好きになったの。』と語った。
アメリカの女性の冒険と勇気とその行動力にカンパイ!
そして相棒の“トラブル君”ごくろうさま。君にカンパイ!

2011年H.O.G.ハーレーオーナーズグループより転載


最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284