航空機パイロットと❝酒❞について

師走になってもパイロットの飲酒の問題が毎日のように放送されている。
勤務の12時間前までを容認すると云う。
実に甘いと云う他はない。酒気検査で確認された場合は、
一発で一年間の免許の停止。2回目で免許の取り消しとし再取得は出来ない。
航空法の改正を強く求めたい。
新幹線の運転士も同じであると思う。自足300㎞/hで脱線したらどうなる。
パイロットと運転士は、その免許の取得条件として、
酒を飲まないことを義務付けるべきと思う。
事故が発生してから慌てても命は戻らない。
日本は酒の上の事に対して“大甘”の国である。
公務員による痴漢行為や盗撮などで
検挙されるケースが多いように思うが、
当時は酒を飲んでいたと発表があり酒のせいにする。
酒の“いきおい”で行われた犯罪ならば素面の場合の倍の刑罰を与えるべきである。
間違いなく犯罪行為は減少するだろう。

“SULLY”
ワーナー・ブラザーズ映画  サリー  トムハンクス主演

---――ハドソン河の奇跡―――――

チェスリー・“サリー”・サレンバーガー機長

バンクーバー・スタンレーパーク
CANADA Goose 体長約1m、体重5~8㎏
カナディアン・グースは狩猟鳥で渡り鳥、空は大昔から彼等のものだった。
おたがい運が悪かった。
大型の鳥だけに片エンヂンに4羽も突入すればショックは大きい。

あの日から、もうすぐ10年が巡って来る。
2009年1月15日USエアウェイズ1549便がニューヨーク・ラガーディア空港を離陸した直後、上昇中にカナディアン・グース(カナダ雁)の群れを
左右両エンヂンに吸い込む。大きな鳥である。
同時に両エンヂンが破損し推力はゼロ、管制官との緊急通話で不時着する為の
空港を2ヵ所指定される。かろうじてUターンするも
エンヂン再始動せず。155名を乗せた機体は降下を続けて、
眼前にマンハッタンのビル群が迫る。
いずれの空港も不可能と“サリー”は判断して、
厳冬の氷の浮くハドソン河へ不時着水を決行する。
これを成功させて“ハドソン河の奇跡”と呼ばれ“サリー”はヒーローとなる。
が、その日から18ヵ月間、国家運輸安全委員会(NTSB)の調査官による
ありとあらゆる査察と尋問を受ける。
それは高価な機体の損失と乗員と乗客に与えた危険と恐怖に対してであった。
フランスでのシュミレーションによると指定された2ッの空港へは
着陸が可能だったと(NTSB)の会場で動画を見せられる。
真実であれば“サリー”と副パイロットのジェフ・スカイルズは絶体絶命である。
心証は“クロ”である。追い詰められた“サリー”は自分たちの行動と
シュミレーションによる“シロ”の判定の違いは何か?
それは30数秒の時間がシュミレーターには考慮されていなかったのである。
バードストライク(カナディアン・グース)の直後にシュミレーターでは
空港へ直行して無事着陸しているが、
1549便はそれからUターンして機首を変更している。
その差が30数秒間であった。再度セットしたシュミレーションでは
“サリー”の申告通り、A空港では桟橋に激突、B空港へはビルに突入という
結果となり“サリー”たちの正しさが証明された。
指示通り空港へ向かっておれば、まちがいなく墜落し、
全員死亡の大惨事となっていたであろう事が理解されたのである。
この乗客の救助に携わった全ての人たちが“ハドソン河の奇跡”の
ヒーローであると“サリー”は語っている。

酒気おびで機内に乗り込む日本のパイロット達よ、
この映画を100回観て、それでもまだ酒が吞みたければ、
地上の仕事を探せばよい。
なお、この便には日本人客があった。大阪の堺商事NY駐在員である
滝川さん(43歳)と出口さん(36歳)。商談での出張であった。
滝川さんは語る。
『ジョージ・ワシントン橋をすれすれに飛び越えたと聞かされ震えました。
あの日、サレンバーガーさんが機長でなければ僕らは死んでいたでしょう。
2人とも無傷でした。』と。
救助にあたった人たち
フェリー 7隻
救助隊 1200人以上
管制官 救急潜水班・ヘリコプター
所要時間 24分間
そしてニューヨークの良心はが集結した
副操縦士 ジェフ
客室乗務員 ドナ、シーラ、ドリーン
155名全員生還
“チームワークとタイミング”
クリント・イーストウッド監督、感動をありがとう


最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284

=来年2019年は❝亥❞どし=

クロネコのタンゴ奮闘記


いとしのエリー    タンゴ
もし、今ピットブルを連れて、野山を散策中に突然、
巨大なキバを剥き出したイノシシに遭遇したら
飼主とピットブルはどうするだろう。
飼主が咄嗟に考える事は、どうしたら“アイツ”から逃げられるか、
それもケガなく。これに尽きると思う10人が10人である。
一方、犬の方はイノシシの経験がなければ
一瞬の迷いもなく突進して行くだろうが、
“猪突猛進”はこの場合は犬の方であり、
場数を踏んは牡イノシシのキバの餌食となるだろう。
経験のあるイノシシを噛んだ事のあるピットブルは、
攻める事、引く事、躱す事を心得ており
簡単にはイノシシの餌食にはならないものである。
そうは解っていても油断して張り詰めていたものがフッと弛んだ時、
イノシシは待っていてキバを振るう。
犬の負けである。それでクロネコの“タンゴ”はやられた。
大きく裂かれた左太ももの傷はパックリと開き、飼主は動転するものである。
タンゴの場合は10cmを超えている。深さもあるが骨までは達してなさそう。
夜ならドクターに無理を云って
10針くらいは縫合してもらう事になるだろう、普通は。
しかしタンゴの場合は違った。そして驚いた。

“クロネコのタンゴ”のオーナーであり現場に居合わせた
ゴールドボア犬舎主 吉川和伸さんの手記は次のようであった。
原文のまま。
『先月の初めに、いつも良く行く山の散歩道があり、そこへ夜に連れて行った時の事なのですが、そこはイノシシが度々出没しタンゴも面白がって、いつも追いかけ回って遊んでいました。しかし、その夜の猪はいつもと違い大きさもタンゴのふたまわり程大きく、吠えるタンゴにも動じずに、たまに威嚇をしてきます。
タンゴもますますエキサイトしてきました。
そうこうしているうちに猪も山奥へ消えて行き、追いかけたタンゴも帰って来たので、さあ帰ろうかと車を動かそうとした時、奥へ逃げた筈の猪が10m程先に戻って来ていました。それに気づいたタンゴも再び吠えはじめ、茂みの中でやりあっていた時、何度も向ってくる猪、躱すタンゴ、次の瞬間『キャイーン』そのまま猪は逃げて行きました。戻って来たタンゴは左の太モモをキバで10cm程斬られて血を流しながら帰ってきました。あわてて実家の父親に見せたところ(父は猟師なので、このくらいの傷には慣れています)出血も止まり、しっかり歩けるなら問題なし。消毒液で傷口を洗い流してやりました。今ではキズアトが多少は残ってしまいましたが、主人を守ろうと果敢に立ち向かった、名誉の勲章なので仕方ありません。(本当は調子に乗りすぎただけかも)』ここまで原文。
傷口にハエが卵を産み付けると幼虫のウジ虫が血を吸って化膿するので予防の為に毎日水で洗う。これだけで一切の薬を使用せずにタンゴの傷は完治したとは驚きと桃の木です。
ベテラン猟師の経験に基づく知識は医者をも凌駕すると云う事。
これが人間ならば、傷の大きさと出血、痛みで動転し、外傷性ショックで気を失う事も往々にしてあり得るところ。
その後、傷も癒えて、イノシシはもうコロゴリと思いきや、タンゴはますますイノシシに対して好戦的になった。さて、対戦相手のイノシシの“牙”は現在筆者の手元にありアクセサリーとなっている。
全長で16cmで先端は研いだナイフのように鋭い。

子犬出産ニュース

“リリィ”母親
11月18日に出産しました。マホガニーの♂3、レッドの♂2
父親はタンゴの息子で“銀次郎”(マホガニー)
1月中旬に断耳手術の予定。問合せは早めにどうぞ。

 


最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284