心優しい男 山本”KID”徳郁君を偲んで

ファイティングポーズの息子
アイク君

満開の桜の花に早く散れよと促すように、春の牡丹雲が風に舞った。
50年前にも満開のサクラに大雪が降った事があった。
中学校の卒業式も終わり思い出す事がある。
2005年に地元の中学校を卒業したこの5人と他6人、計11人に
多忙のKIDが、それぞれの名を入れて色紙を贈ってくれた。
彼らは昼間に花火で騒いだり、強風の日に竹ヤブの風上で
盛大に焚火をしたりと、誰も注意する者が居ないので、やりたい放題だった。
ピットブルのおっさんに注意されて、冬枯れの用水路の水を掻き集めて
おっさんの持参したバケツで火を消した。
良い事は“ほめ”、悪い事は“叱る”
この当たり前の事に、今の大人は見て見ぬふりをする。
あれから14年数カ月
もう30歳くらいになっただろう。
自分の子供に将来この色紙の事を語ってやってほしい。
スーパースターへの階段を駆け登りつつあった、
あのKIDの事を。
この頃KIDは27歳、現在の君らより若かった。


最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284

訃報

桜の花が8分咲きとなった4月4日朝6時頃に
昨日から飲みも食べもしなくなったコアラが旅立った。
5月が9歳の誕生日だった。
生涯一度も争いのない犬生を全うする事が出来た。
良い子供を残してくれて。

コアラ出産の一週間前

 コアラの子供 ♂   ♂   ♀

時次郎   サラ    音次郎

コアラ45日目

3ヵ月時、コアラ内股にタトゥ

コアラの両親
父親  ニックジャガー(鯉名の銀平の息子)

母親  アディオス(スーパージャンボプライドの娘)

コアラは7頭の兄妹だった。他の6頭は健康だと思う。
健康で楽しい毎日である事を願って。



最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284

こちらは犬の大物

イギリスのDOG WORLD ANIMALに記載された
オールド・イングリッシュマスチーフの“プルート君”
筆者の識る限り、過去50年間で一番重い犬ではないかと思う。
大きく、重くともバランスの良いすぐれたショードッグであった。
人は色々云うだろうが、公式に証明できるのだろうか?
これ以上の重さをイギリスの重量単位でオバー20stone(ストーン)
辞書で調べてほしい。
ボクシングのへヴ―級世界統一戦のタイトルマッチで挑戦者のイギリス人
フランク・ブルーノは228Lbs(ポンド)
(16stone 4Lbs)

世界統一王者 マイク・タイソンは
218Lbs
(15stone 8Lbs)


大物になるであろうブル・エルク

こちらはカナダの“レーク・ルイーズ”の近く、春の雨の日、ヒョッコリ山から
下りて来てゆうゆうと横断中。バイクのライダーが『オサキ=ドウゾ』と云うと
400K超のブルエルクは『ホナ エンリョ ノオ オオキニ』
スタスタと“でいど”に山を下って行きました。
ハーレーのお兄さん、ワーゲンのお姉さん、ありがとう。
タケ・ユタカを乗せてみたい。
HOG(ハーレー・オーナーズ・グループ)会報より

猿一匹、逃げ出したグリーンイグアナ一匹、アライグマ一匹に
パトカーの出勤する国とは人間も動物もスケールがまるでちがう。
これは余裕だろう。



最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284

サンセット77(セブンティセブン)

熊本県嘱託警察犬(K.R.D.A.公認)
日本第一号!捜索、救助犬、アメリカンピットブルテリア姉妹
2019年4月1日に正式に事例が公布され地元新聞、TVでも報道された。
指導手が若い女性でありながら、同時に2頭のピットブルテリアを
ポリースドッグとレスキュードッグのダブル試験に合格させた。
殺伐とした話題の多いこの犬種を根本から考えなおし、その優秀な
“鼻”と“頭脳”が公に認められた事は大快挙であり
MAZDA TAKASHI代表のピットブルテリアを信ずる
熱き心に指導手とシュガーケーンとローヂーの姉妹も応えたのだろう。
外国の愛好家にもニュースとして伝わっていくと思う。

2019.4.1
熊本県警察本部前
公認県警察嘱託犬
(左)ローヂー(牝)  (右)ケーン(牝)

2017年この年の8月8日はカンカン照りの猛烈に暑い日であった。
特に毛色の濃いマホガニーの“77”にとって最悪のコンディションであった。
妊娠47日目であり、ボツボツ空輸も限界となり、
手荷物扱いとする為にムーンベイマツダピットブルから
マネージャーの足立さんが空路鹿児島空港より迎えに来られて
不安顔の“77”をいたわり乍ら
“安心してワタシ達に任せて下さい”その言葉に
どうぞ無事に生まれますようにと祈り、トンボ返りで鹿児島へ飛ぶ
マネージャーに全てを託しての別れとなった。

羽田空港パーキングで

このスラッとした“77”の体に9頭もの子供が宿っていたとは
そして無事に生まれ、全部育ったとは。
オーナーであるMAZDA TAKASHIさんと
スタッフの“情熱”があったればこそと心からの感謝を。

警察犬ローヂーとケーン  同胎犬リー(家庭犬)牝

自由な時間は思いっきり駆けまわる
ケーン    リー

先輩のシェパード達とも仲の良いリー(家庭犬)

同胎犬“フラ”ムーンベイマツダ期待の牝(家庭犬)

ピットブルを愛する情熱と信念の人
松田 貴さん
飼育第一号のドッヂシティナオコゴールドメダルと

功労犬
格闘家エンセンイノウエさんと
ハワイ生まれの修斗クン

ドッヂシティピットブルのすべての繁殖犬には、この修斗クンが入っている。
警察犬姉妹もシュウト君の曾孫(ひまご)になる。
これからは爆発物の探知にもチャレンジすると云う。大いに期待したい。
ひい爺さん視ていてほしい。

子の姉妹の父親“ビンセント”
ドヤ!わしのムスメは・・・・・

シュガーケーン

ウン!?怪しいニオイが流れてきた

いつも話題のロージー

シッカリとアイコンタクト中

K.R.D.A(九州救助犬協会)
実地試験中

フセ

リードなしで高所通過


急階段下り


トンネル抜け

写真は限られた(撮影できる)部分があるが高所の場合は渡り切れず
直接飛び降りる犬もあると云う。ここまでの努力にオーナーと指導手と
2頭の愛すべき“77”の娘たちに敬意と感謝と祝杯を

現在盲導犬を1頭仕上げるには一千万円以上の訓練費が必要とされている。
ポリースドッグ、レスキュードッグの訓練にも
相当の出費が掛かったであろう事を思う時、頭が下る。


最後までお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせは下記までお願いします。
アメリカンピットブル
DODGE CITY PITBULL
セナインポートサービス
pit master
Eagle Yanase
090-2545-5284